着物 大きめ

MENU

高く売るのに大きめの着物かどうか

着物買取りの価格を高値にするためには、綺麗な状態であること、有名作家の作品であること、デザインが奇抜すぎないことなど、様々な項目を満たす必要があります。
これらの項目は着物買取りに限らず、その他の品物を売却するときも同じです。
そのため、これから着物買取りをするときには、高値で売ることを考えたらすぐにイメージできるかもしれません。
しかし、高値で着物買取りをするために必要な項目は、これだけではありません。
着物ならではの項目として、大きめの着物かどうかも重要になります。
サイズが買取り価格に関わってくる理由は、仕立て直しです。
着物は洋服に比べると、丈などサイズが重要になります。
着る人に適したサイズでないと不格好になってしまい、着ることができなくなるほどです。
着物を着る人にとってサイズが重要なら、販売する店舗も同じように重要なポイントです。
たとえば、小さなサイズの着物買取りしても、売れる相手は限られます。
特に現在の女性は昔に比べると背が高いので、今後も販売できる相手は限定されるでしょう。
しかし、サイズが大きめの着物であれば、業者は店頭で販売する前に、仕立て直してサイズを変更することが可能です。
店頭で最も需要があるサイズに合わせて仕立て直しをすれば、中古品として売りやすくなります。
つまり、大きめの着物というのは、業者にとって魅力的な着物なわけです。
ですから、着物買取りにおいて、大きめの着物かどうかは重要な項目です。
小柄な女性が着る着物よりも、160cmぐらいの女性向けの適度なサイズなら、査定では高評価をしてくれるでしょう。

譲り受けた着物が大きすぎたりすると、仕立て直して着ることを考えるかもしれません。
しかし、仕立て直しをして着るよりも、着物買取りに売却した方が良いことも多々あります。
サイズが大きめの着物をどうするのか迷ったときには、高値で売れるチャンスがあるので、着物買取りに出すことも考えましょう。