着物 手入れ

MENU

使った直後の着物手入れで気をつける事

着物を処分したいと思ったときには着物買取りの専門店に持ち込んでいます。
着物買取りの専門店では、持ち込まれた着物を専門知識があるプロの鑑定士が査定をして、その品物にあった金額で買い取ってくれます。
着物買取りの専門店へ持ち込む前には、きちんと着物のお手入れをしておくようにします。着物のお手入れの方法では、まず、生地が吸ってしまった湿気を逃がす必要があります。着物を着た後は生地が湿気を吸い込んでいます。なので、その状態ですぐにしまってしまうと生地が傷んでしまいますし、カビが発生する原因にもなってしまいます。
着物買取の専門店の鑑定士は生地の傷みなどもしっかりと見抜きます。だから、使用した後には欠かさずに湿気を逃がしておくことが大切です。着用した後でなくてもしまっているものを定期的にお手入れをするということを心掛ける事が大切です。
お手入れの方法は、定期的に虫干しをする、というものです。保管しておくだけでも湿気が溜まってしまう事があるので、土用干しや秋干し、冬干しなど、湿気を逃がすように意識しておく方が着物をきれいに保管することができます。
着用した後にはきちんと汚れなどを取り除いておくことも大切です。着用している間に汚れやしみなどがついてしまっていることもあるので、着用後はしっかりと生地の状態を確認しておくようにします。汚れをそのままにしてしまうと、取り除くことができないほどのしみになってしまったり、カビなどの原因になることもあります。なので、汚れやしみ、カビなどを見つけたら、着物のクリーニングを行っているお店に持ち込んできれいにしてもらい、傷や虫食いの穴、ほつれなどがあったときは、着物の修理を行っているリフォームのお店へ持ち込んできれいに直してもらうようにしておきます。
このようにきれいな状態にしてから着物買取りの専門店へ持ち込むようにしておくことが大切です。着物をきれいな状態にしておくことで、査定金額をアップさせることができます。