着物 アンティーク

MENU

着物買取りとアンティークの着物について

着物には色んな生地や用途に合わせた種類があり、中にはアンティークと呼ばれているものや工芸品もあります。
アンティーク着物は、一般的な着物と価値が異なるため、着物買取りに出した場合も高値が付く場合があります。
アンティーク着物とは、昭和初期以前に作られた着物を言い、中でも状態が良いものが該当します。
例えば、昭和モダンや大正ロマンと言われる独自な柄を特徴としており、最近ではレトロブームに乗り高い評価を得ています。現代の人たちは、アンティーク着物にファーを身に付けたり、夏には麦わら帽子を被ったり、足元にはヒールやブーツを履いたりと、一見変わったファッションで着こなす姿も見られています。
通常なら着物は保存状態も難しく、古い着物は買取り価格が下がる傾向にあります。
しかし、アンティーク着物の場合は、一般的に高値で取引きされ保存状態にもよりますが、数十万円から数約万円の高値が付く場合もあります。
1度着物買取り専門店で査定してもらうと良いです。一般的な着物と比較するとその差に驚きます。それ程までにアンティーク着物を作るのは難しい上に、現在同様の着物を作ろうとすると高額な費用がかかってしまうのです。
もちろん骨董市などで実際に安価で入手できるものもあります。しかし、呉服店や着物専門店を覗けば分かりますが、状態の良いものや質の高いものは、上述した様に高値で売られています。
それと同様に工芸品も高く査定してもらえますが、理由として工芸品は希少性が高いからです。
工芸品とは、その土地で古くから伝わる伝統技術を用いて作られる着物で、日本全国どこでも作られている訳ではないので、数が多く出回っていません。すなわち、その土地でしか作られないので希少性が高いのです。更に有名作家が手掛けていればもっと高値が付きます。
着物は意外な値が付く場合がありますので、もし処分をするのに困っているのであれば、着物買取り専門店などに査定を依頼すると良いです。