着物 文化財の証明書

MENU

着物に文化財の証明書はある?

着物買取りをするときには、着物自体の保存状態や、貴重価値のある着物であるかによって買取価格が変わってきます。特に有名な作家さんの作った着物であったり、文化財証明書がついているような貴重な作品であったりする品は高価な買取価格が付く可能性があります。例えば、伝統工芸品の薩摩絣などは特殊な技術と手間がかかるため着物業界では高い価値があるといわれています。また、麻などは庶民的な素材ですので通常の着物でしたら安い値段で取引されることが多いのですが重要文化財扱いをされており、宮古上布や八重山上布といった伝統工芸品や証明書証紙がついている場合であるととたんに高値で取引されることがあります。人間国宝の作家が作った作品ですとなおさら希少ですので価値がぐんと上がります。着物買取りをお願いするのであれば、着物の鑑定の専門家がいるお店にお願いすると良いでしょう。着物の価値や査定の仕方は、専門家でしかわからないこともありますので正しい鑑定ができる方に頼んだほうが価値が分かります。買取に出すときの注意点ですが、着物の状態は新しいもののほうがやはり評価は高く、シミや汚れなどがない保管状態が良い品が前提です。そして、やはり着物の価値を示す証紙があるものの方が信頼が高いです。そして正絹である着物は買取価格が高く、麻や木綿といった素材はやはり低くなるのが通常です。そして訪問着、振袖、小袖の順に買取価格は低くなっていきます。こういったことに加えて、文化財証明の落款や証紙が必要となってくるのです。もしなくなってしまった場合は、場合によっては購入した呉服屋さんや工房に相談すれば再発行してもらえる場合があるので一度相談してみると良いでしょう。買取業者はいくつか形態があって、持ち込みができるところやインターネットで郵送査定をしてくれる業者もあります。いろいろな業者の査定価格を参考にしてみて納得のいく取引ができるような着物買取業者を探しましょう。