着物 色留袖

MENU

色留袖:着物の種類

着物買取とは、不要になった着物を買い取ってもらえるサービスです。着物買取は売りたい着物の種類や保存状態、汚れやほつれの有無によって価格が変わります。手近なリサイクルショップに持ち込む人もいるようですが、中古着物の需要は素人には判断できないため、価値がわからず買い取ってもらえない場合もあるようです。着物を高く買い取ってもらいたいなら専門の鑑定士がいる着物買取業者に依頼するのが基本。業者によってまちまちですが状態がよく正絹で作られた訪問着や振袖で数千円〜数万円、小紋や付け下げで数百円〜数千円が相場。修復不可能な破れや汚れがある場合は売るのは難しいこと、状態が良くても化学繊維やウール素材の着物の買取は受け付けないところがあるので注意が必要です。

 

着物の中でも留袖は格式が高いことで知られており、紋の数で着用用途が変わります。中でも既婚・未婚を問わず着ることができる裾模様が特徴の色留袖は人気です。着用する機会が多い留袖は需要が高く転売が可能なので高額で買い取ってくれる業者が多くありますが、着物の品質や傷み具合によって買取価格が変わるのでまずは見積もり査定を依頼しましょう。高名な作家の作品や一点ものは高額で引き取ってもらえる可能性があり、知名度によって価格が大幅に変わります。人間国宝の作品は数十万の値が付くこともあるようです。購入したときに付属している証紙・証明書は着物の価値を証明できる重要な書類。なくさないようにしっかりと保管し、買取を依頼する際には持参しましょう。1店舗で断られた着物でも他店で買い取ってもらえる可能性があります。また、業者によって買取価格が違うので数店舗で査定してもらうのがポイント。わざわざ出向くのが面倒、という人には宅配買取や出張査定を実施しているところもあるので便利です。リサイクルショップや古着屋では断られることが多い着物を売りたいときは、専門の鑑定士がいる着物買取に依頼しましょう。