着物 小紋

MENU

小紋:着物の種類

着なくなった着物が箪笥の中にねむっているという人は案外多いのはないでしょうか。
着る機会のなくなったものは着物買取に出すのも一つの選択肢です。古着の需要は意外に多く、日本舞踊やお茶などのお稽古事、着付け教室などでも重宝されています。また外国人の日本でのお土産としても人気があります。
さて、買取に出すためには少しでも高価査定をしてほしいものですが、いくつかのポイントがあります。着物は使用しなくても経年劣化していきます。買取にだすなら10年以内に出すべきでしょう。言うまでもなく新しいものほど良いのです。また柄に関しても個性的すぎるもの、古臭い色使いや柄のものは査定価格が下がります。サイズも大きすぎるものや小さすぎるものは価値が下がります。保存状態は重要です。しみ、色落ち、虫食い、カビなどがあると価値がなくなります。着物は作ったけれどもう着る機会がないと思ったらなるべく早く買い取りに出すのが高価査定を得るポイントとなります。
視点を変えて見てみると一般に高価買取をしてもらえるのは生地で言えば正絹、そして有名作家の作品や産地も重要なポイントとなります。種類で言うと最も高価な着物は訪問着、次いで振袖、訪問着、留袖、小紋、帯の順になります。
小紋は普段着やっちょっとした外出など広く利用されている着物です。「染め着物」と呼ばれる後染めの着物の一種で白生地に「型」と呼ばれる柄の型を使って全体に柄を染め出した着物です。
小紋は種類や数の量も多い着物の一つで、柄も伝統的なものからポップなものまで様々です。かつては小紋と言えば正絹というイメージがありましたが近年では洗える着物としてポリエステルなどの化学繊維のものや撥水加工を施したものなど様々なものが出回っています。
保存状態の良い小紋のおおよその買取価格参考までに示してみますと、有名作家作の正絹のもので5〜6万円、無名作家の上等なもので1万円台、化繊の着物は上等なもので1000円台ということのようです。