着物 黒留袖

MENU

黒留袖:着物の種類

黒留袖は地色が黒であるため、結婚式などおめでたい席で着用されます。5つ紋の黒留袖は既婚女性にとっては第1礼装とされており、列席者の中でも特に立場の重い方が着るしきたりになっています。その格式の高さから非常に大切に扱われる着物ですが、人によっては着る機会があまりない場合もあります。単にお客様として招かれている場合は色留袖の着用が一般的であるためです。せっかく格の高い着物なのにタンスの肥やしにしてしまうのは勿体無いことです。そこで着物買取を利用することをお勧めします。黒留袖はやや古いものでは丸帯が一般的ですが、最近のものは袋帯も増えてきています。着物買取においてはどちらであっても問題ありません。中には金箔や銀箔のついた帯と合わせるケースもあります、さらに格式が高まります。黒留袖は紋を見ることで大まかな格を測ることが出来ます。5つ紋は最上級であり、3つ紋なら訪問着、1つ紋なら普段使いにするのが一般的です。5つ紋が最も高額で買い取ってもらえる可能性がありますが、紋の数が少なくても用途があるので一定の需要が確保されています。黒留袖は買取店によって査定金額が大きく異なることに注意が必要です。その格式がしっかりと判断されれば高額査定も期待できます。一方で一般的な着物と同じ扱いになると安く買い取られてしまうこともあります。そのため、可能な限り正式な呉服店などの着物屋さんに査定をしてもらうことをお勧めします。ただ、昨今実店舗型の着物屋さんは減少傾向にあります。そこで活用したいのはインターネットの着物買取店です。インターネットの着物買取店では全国から様々な着物を買い取っているので、査定士も優秀である可能性が高いと言えます。また、口コミを確認しやすいのも大きなメリットです。買い取ってもらう際には証紙などの品質を証明出来るものがあれば、円滑に査定して頂くことが出来ます。インターネット買取で画像を送る際にもそちらの画像を添付することをお勧めします。