着物 銘柄

MENU

高く売れる着物の銘柄について

普段使いにはあまり活用しない着物がタンスや押入れの奥に眠らせてることって多いですよね。
処分に困ってごみとして扱う前に、専門の買取業者で着物を査定してもらうことが望ましいです。
予想に反して高額な着物買取価格となることもあるかもしれません。
少しでも高額な着物買取を実現させるには、まずはお持ちの着物の保管状態を確認してみましょう。
新品や仕付け糸がついたままの未着用の着物はもちろん、着用回数が少なく10年以内位のものであれば高めの価格での買取が期待ができますが、傷やほつれ、しみなどの汚れや損傷がない状態の良いものが基本です。
着物にも洋服と同様に、ブランドや銘柄、流行もありますので現在の流行の柄とかけ離れている古いものなどは、やはり安めの着物買取となってしまいます。
着物の生地の質も正絹が高い買取の対象となり、ウールや化学繊維の素材やサイズが仕立て直しが不可能な特殊サイズの
場合には、小額となります。
人間国宝を作品、工芸会や国画会の有名作家の着物や老舗呉服屋の仕立の着物などのほか、加賀友禅や京友禅、越後薩摩絣などの産地によっても高額な着物買取が期待できます。
着物の柄だけでなく、その種類によっても人気が異なり最も人気なのは、訪問着でその次に振袖、紬と留袖となっています。
良い着物であることを証明するために、証紙があることも重要なポイントなんですよね。
この織物工業組合などで発行している証紙の有無により着物の査定額がかなり異なってしまうため、端切れに貼付されていることがほとんどですのでたとう紙の中を確認してみましょう。
着物に付随する帯止めなどの小物がある場合には、小物だけの買取はあまり行なわれませんので着物と一緒にまとめて査定に出すと、着物買取価格に上乗せをしてもらえることもあるので出してみるのも良いですよ。
このように、不要となった着物も保管状態が良く有名作家や有名銘柄のものであれば、それなりの高額の着物買取が期待できると言うわけです。