着物 サイズ

MENU

着物はサイズによって買取り額が変わる?

着物買取りにおいて、最も重要なのが着物の状態です。
シミや汚れ、虫食いはもちろん、たたみ皺も買取り価格に響くこともあるほどです。
ですから、着物は日頃からメンテナンスをしながら保管し、良好な状態を維持しなければいけません。
しかし、着物買取りの価格に影響を及ぼすのは、着物の状態だけではありません。
多くの人は見過ごしがちですが、着物のサイズも買取り価格に深く関係しています。
着物のサイズが買取り価格に関係するのは、再販のしやすさが理由です。
基本的に着物買取りは、業者は不要な着物を買取ったあとに再販して、利益を得るシステムになっています。
なので、着物買取りでは高く売れる可能性がある着物ほど、買取り価格は高くなる傾向があります。
着物の状態が重要になるのも、高く売れる可能性があるからです。
サイズも同じように、高く売れる理由になります。
昔の日本人は背が低く、手足も短い体型でした。
しかし、現代の日本人の平均身長は伸びて、昔に比べたら手足が長い体型になっています。
全体的に昔に比べると大型化しているので、小さなサイズの着物だと、着られる人が限られていたり、着用できても似合わなかったりするのです。
また、最近では日本の着物は、外国人にも人気があります。
外国人に向けて売るためにも、小さなサイズだと売り物になりません。
日本人の体型が変化したこと、外国人向けに販売すること、この2点から着物買取りでは大きなサイズの着物は買取り価格が高くなっています。

さらに大きなサイズが着物買取りで好まれる理由は、仕立て直しができるところにあります。
たとえば丈の短い着物だと、仕立て直して伸ばすことはできません。
しかし、丈の長い着物は仕立て直して調整すれば、多くの人に着てもらうことができます。
再販をするときも売りやすくなり、着物買取りでは高く買い取ってくれるのです。
眠っている着物のサイズが大きい場合は、着物買取りに出せば高額で売れる可能性があります。