着物 素材

MENU

着物は素材によって高く売れる?

着物は買ったはいいものの意外と着る機会が少ないです。気が付けばタンスの奥にしまったままという人もいます。どうせ着る機会が無いのなら売る事も出来ます。ただ、着物買取は素材により買取り価格に違いがあるのです。
・正絹は高く売れる
 着物買取りで業者が査定する判断材料に素材があります。多くの場合には買取りされるのは正絹である事が多いです。しかし正絹であったとしてもシミやキズや汚れなどが著しい時には売る事はできない時があります。
 ただ、業者の中には正絹の着物を一定枚数買い取る事を条件に、他のウールや化繊などでも状態が良ければ引き取りしてくれる所もあります。このようなケースもありますが正絹以外ではそれだけを買い取る所は少ないです。
 ただ、お稽古着などの目的でウールや化繊の着物をあえて購入する人もいます。ですから需要は正絹意外にもあるにはあるのです。したがって条件を満たしていれば業者もウールや化繊を買い取る事はあります。
 それでも高額の値段で買い取ってくれる事はないと考えておきましょう。また、例えば状態も悪くなく、色柄も人気のあるものだとしても、素材が違うと買取り額に大きな違いが生まれるのです。
 素材別の買取り価格では正絹がその他大勢の素材よりもずっと高いのです。また正絹の重さでも業者が買い取る値段が変わってきます。需要が高い色合いや柄が値段を決める大切な要素である事はもちろん事、いろいろな人が着る事ができるサイズの着物である事、コーディネートがやりやすいものなど。他にもたくさんの条件がありますが、それらが似たような時でも、正絹の重みで買取価格に開きが生まれる事もあります。
 正絹の重みは匁と呼ばれる単位で表されます。この数字が大きいほど絹をたくさん使っているという事です。匁が多ければその分高く売れる事が多いです。着物を売るにしてもその素材により値段に違いが出てきます。
 そして買い取ってもらいやすくてしかも値段が高くつくのは正絹だと知っておきましょう。