着物 附下

MENU

附下:着物の種類

着なくなった着物や仕舞ったままになっている和装小物、帯などは、できるだけきれいな状態にして、着物買取専門店で買い取ってもらうようにしています。着物の専門知識を持ったプロの鑑定士がいる着物買取専門店なら安心して買い取ってもらうことができるからです。
着物買取専門店には着物だけではなく、和装に関する知識が豊富な鑑定士がいるので、どんな種類のものでもしっかりと査定をすることができます。なので、着物好きな人などは買い取ってもらうときなどに利用をしている人がたくさんいます。
着物買取りに出すときは、自分で着物の種類を知っておいたほうが便利な場合もあります。着物は大きく分けると、留袖、振袖、訪問着、無地、附下、小紋などがあるのですが、留袖は既婚者、振袖は独身女性の第一礼装となっているので持っているという人は多いです。着物のなかでも最も格が高い着物だといえます。
訪問着は女性の正装の着物として着用することができます。無地や附下は、紋が入っているかどうかで礼装になったり、普段着として着用することができる場合もあります。特に附下だと入っている柄が訪問着に近い場合は準礼装として着用できますし、小紋の柄のものなら格も小紋と同等の着物として着用することが可能です。つまり、附下は普段着として利用してもいいほど範囲が広い着物なのです。
着物買取専門店に附下を出すというときは、柄がどのようなものなのか、ということが大切なポイントとして考えることができます。
訪問着に近い柄の場合は比較的高値を期待することが可能ですし、普段着に似ている柄のものは小紋に近い買取価格になることがあります。もし着物に合わせていた帯などがあるときには、一緒に着物買取専門店へ持って行くと買取金額があがることも期待することができます。
着物買取専門店を利用するときには証紙があるかどうかも確認しておくことが大切です。証紙があるだけで査定金額がアップされることがあります。