着物 紬

MENU

紬:着物の種類

着なくなった着物、使わなくなった和装小物などはそのまま捨ててしまうのはもったいないので、着物買取専門店へ持っていくようにしています。着物買取専門店には着物の知識をしっかりと持ったプロの鑑定士がいます。
着物買取専門店にはいろいろな着物や和装関係のものが持ち込まれて査定をしてもらう人がいますが、そのなかでも多いのが紬です。紬は糸を染めてから織り上げていった生地のことで、先染めの織りの着物です。日本各地で人気がある着物ですが、特に有名なのは、大島紬、結城紬、牛首紬です。
実は大島紬や結城紬は手間がかかる生地で高級品ではあるのですが、着物の格が上がるわけではないのでフォーマルな場には不向きな着物だといえます。最近では訪問着にもこの生地を使っているものなども増えてきていますが、訪問先の方や相手の方に対して失礼ではないかということを考えて着用するようにしておくことが大切です。
着物にはほかにも振袖、留袖、訪問着、小紋などがあります。それぞれに特徴があって、着用する場所などもある程度決まっていることもあるので、その着物を着用していっても大丈夫か、ということをあらかじめ確認しておくといいです。
着物買取専門店に持ち込むときには、事前に着物をしっかりとお手入れしておくようにするといいということです。その理由は、着物買取専門店では着物の生地がきれいな状態のものほど高額査定を期待することができるからです。着物は生地の状態をまずはチェックします。生地にカビや傷、虫食いの穴などがないかを確認し、ほかにも汚れなどがないかを調べます。もし虫食いや傷などがあったときは、着物の修理をしているリフォーム店できれいに修理してもらい、カビや汚れなどがあったときは専門のクリーニングを利用するといいです。
しっかりと日ごろからお手入れをしていることで保管状態がよくなります。日陰で虫干しをしておくことでカビや虫食いなどを予防することができるので、定期的に行うようにしておくことをおすすめします。