着物 ウール

MENU

ウールの着物って売れるの?

着物買取りで良い値段が付くのは、一般的には正絹の着物です。絹の物はウールやポリエステルの素材の物と比較すると元々価格が高いので、着物買取りに出すときもウールやポリエステルの物に比べ良い値が付きます。

 

ウールの物やポリエステルなど化繊の物は、値段が付かず買い取ってくれない場合もあります。しかしウールやポリエステルの物が必ず売れないとも限りません。買取業者に送って見て貰わない事には分かりません。色柄に優れ状態が良ければ売れる場合もあると思います。特に新しくてしわもなく汚れも無いものは値が付くかもしれません。

 

これは正絹の着物にも言える事で、高く売れる為には状態が良いに越したことはなく、新しいほど良い値が付きます。日頃から虫干しなどをして、虫食いや湿気から着物を守らねばなりません。着物を包むたとう紙もしわだらけや、破れていたらきれいなものと交換しておいた方が良いです。ウールは虫に食われやすいので、注意して見ると良いです。虫食いの穴などがあれば売り物には難しいです。

 

サイズは大きい方が良いです。小さい寸法の物は着る人が限られてしまうので、人気がありません。寸法に余裕のある物は場合によっては仕立て直して着ることも出来ます。

 

着物に付いた証紙はそのきものを解説して、値打ちを証明してくれるものですからきものと一緒に保管して置きます。反物の切れ端に付いていることが多いです。本場大島紬、結城紬などブランド化しているきものの種類や産地を証明してくれたり、伝統工芸品などのマークが入っていると、着物買取りに有利に働きます。また着物には作家ものと言われる友禅作家や織子さんの名前が付いているものもあります。中には人間国宝にも認定されてい高名な作家さんもあり、そうした方の名が入っていると高い値段が付いたりします。

 

帯や小物など着物に合わせた物があれば一緒に買い取り業者に見せると良いです。ウールの着物であれば、小袋帯や半幅帯がコーディネイトされているかもしれません。コーディネイト一式の方が買取して貰う時値が付き易いです。きものに値を付けて貰うためには工夫出来ることもあるので出来る事はやってみると良いです。