値段がつかない着物

MENU

値段がつかない着物の特徴とは

値段がつかない着物の特徴とは

 

着物買取ではそれぞれの着物の状態によって値段がつくかどうかが変わってきます。
ではその中でも値段が付きにくい着物にはどういったものがあるのかと言うと、最も注意すべきなのは破れや汚れがあるものです。

 

破損のある着物は値段が付きにくい

値段がつかない着物の特徴とは

 

買い取られた着物は転売されて別の持ち主のところに行くわけですから、こういった価値が下がるようなことは無いに越したことがありません。

 

そもそも着ることができないような状態になっている着物は論外です。

 

お手入れをすれば直るような状態であったとしても、業者からすると転売に際して余計な手間が生まれるということで値段が付きにくくなってしまいます。

 

日頃から丁寧な管理を

値段がつかない着物の特徴とは

 

本来であれば10万円の値が付いていたものが5万円になる、3万円で買い取ってもらえたはずのものが買い取ってもらえないということもあり得ます。

 

着物は普段からしっかりと管理しておきましょう。

 

いざ買取に出す時に破れや汚れが原因で値段が付かず、買い取ってもらえなかったということの無いようにしたいですね。